歴史が教えてくれるように、探検しようという衝動の原動力は商売である。今回もまた、勇気と好奇心をもった人々が新しい生き方を発見し、探検者たちが故国に残してきた旧世界の人々の生き方をも変えている。もう後戻りは許されないのだ。

唯一過去と違うのは、今回の新大陸には陸地が全くないことだ。つまり、新大陸は我々の頭の中に存在しているだけである。だからこそ、この新大陸を「見えない」大陸と呼ぶことにした。見えないとはいっても、経済的、政治的、社会的な影響、特にビジネスに与えた影響という点では、この見えない大陸は地図を取り出せば見つけられそうなほど強大である。触れてみることもでき、活気に満ちており、実体のある確固たるものである。