住民対策といえば、中間貯蔵施設の問題もある。建屋の中に使用済み核燃料のための巨大な冷却プールがあるのは日本独特の光景である。このことを初めて知って、驚いた方も多いのではないだろうか。停止中の4号炉で水素爆発が起こったのは、この使用済み燃料から発生した水素によるものだった。なぜ停止中なのに? と思われるかもしれないが、じつはほかに使用済み燃料の置き場がないからである。