明治維新のときは、日本人は世界からの鎖国を自ら自覚していたし、世界に追いつくには大きな飛躍が必要だと自ら気づいていた。当時の日本人には、産業革命の本質がわかっていたのだが、それは産業革命が蒸気機関や自動車のように、ほとんどのものは目を見開き心を開いていれば、現実に見ることができたからである。

ところが、現在のほとんどの国の指導者は、自分たちの母国語という存在のために根本的な意味で世界から隔絶されているにもかかわらず、この鎖国状態の状況のひどさに気づいていない。それは、今回の革命が目に見えず、(ほとんど)形而上学的なものだからなのだ。