米国人は、ことビジネスに関する限り、何か特定のイデオロギー的傾向に左右されることは全くない。米国人は、最良の製品やサービスが最も安く買えるのなら、世界中のどこからであっても買おうとする。メード・イン・インディア、メード・イン・ベトナム、メード・イン・ブラジル、はたまたメード・イン・ロシアであろうと買うのだ。まるで米国内でつくられた製品のように。だから、ある国が価格を上げたり品質を落としたりすれば、米国人はたいていの場合、別の国の製品に切り替えることができるのだ。