属的情緒のひとつに集団愛好癖がある。集団愛好は画一指導を招き易(やす)い。あの「前へ倣え」を物象化した「制服」は、「よりかかり」の現実的な第一歩であった。大人の子供に対する態度がこの程度のものであるかぎり、中学時代もまた日本人の性(さが)ともいえる「悪魔のサイクル」に向う一里塚(づか)なのである。