日本は奨学金を出してアジアから留学生を受け入れながら、日本人学生のほとんどが留学生と付き合っていない。だから、留学生は自国から来た人たちだけでコミュニティをつくり、日本に対しては恨みを持って帰って行く。しかも、大学の先生たちは留学生を苦手としている。日本人の学生はわからないことがあってもあまり質問しないが、留学生は積極的に質問するから指導が面倒で難しい、といい出す始末である。