結局のところ、経済を膨らませるのは、個人の「欲望」である。週末は別荘に行って趣味を楽しみたい、家族揃って大画面テレビで映画を観たい、人気のショップで思う存分買い物をしたい……そういった欲望が大きな潮流となって国の経済を左右する。「国が富む」とは、つまり、「個人が生活を楽しんでいる」ということなのだ。

ところが、日本人は「欲望を抑制する」という点で皆が一致しやすい奇特な国民である。