これからの世界経済を考えるうえで、絶対に無視できない存在がある。すでに前章で何度か書いた「ホームレス・マネー」がそれだ。その巨大な力にいち早く気づいた私は、近年、機会あるごとにこのキーワードを口にしてきた。

ホームレス・マネーとは、投資先を探して世界をさまよっている、不要不急で無責任きわまりないお金のことだ。その額は、最盛期には約6000兆円にも上ったが、リーマン・ショックで各国の株式市場が軒並み暴落し半減。現在は約4000兆円にまで回復している。

この巨大なホームレス・マネーが姿を現したのは今世紀に入ってからであり、それ以前にこれほどの過剰流動性を人類が経験したことはもちろんない。