米国の債務がいかに大きかろうと、米国の政策がいかに気まぐれに変わろうと、また指導者にいかに問題があるとしても、国際的な投資家が、自分たちにとってある種エスペラントとなっている言語を保有し、またその言語でマルチプルやヘッジング・テクニックについての詳細が説明されているような国から資金を急速に引き上げることはないだろう(しかしながら、英語が世界中に広まり、米国独自の金融商品が、世界に認められた「eトレード」フォーマットで提供されることになれば、米国はこのユニークな有利さを失ってしまうことになるだろう)。