「以心伝心」というのは、日本人だけの専売特許ではない。その証拠に私の妻は生粋(きつすい)のアメリカ人だが、結構「以心伝心」でやっている。問題の所在はもっと別のところにあるのではないか。私たち日本人の「以心伝心」は「仲間同士」や「身内のもの」との会話において顕著に表われる。また「言わずもがな」だの「一言多い」だのといった場合もある。周知のとおり、こういったケースは非常に多い。「一言多かった」ためにお互い妙に改まった気分になる。かかるシラけた気分は、日本人なら体験上から知っているはずだ。