前職の上司から勧められ、英語の原著を手にしたのが3年ほど前のこと。東アフリカ・マラウイの貧しい少年が、図書館で出合った1冊の本を頼りに電気工学を学び、廃品を集めて風力発電施設を完成させる。迷信が支配する村に、科学の明かりを点すまでのいきさつをつづった本だ。

電力などのインフラはもちろん、教育の機会も何もない。そんななかでも人は夢を実現することができるのだ。その事実に感動するとともに、周囲のサポートのあり方にも考えさせられた。旧弊な村人たちがいくら批判し反対しても、両親は少年の夢を受け入れ心の支えになったという。プロジェクトの推進や子育てにあたり、参考にしたい話である。