二言目には不景気のせいにするが、日本経済の長引く停滞の原因はそればかりではない。成長期の思い上がった戦略をそのままにして、政府や企業がマーケットの現実(消費者の懐具合と優先順位)に向き合っていないことが大きな問題であり、いくらもがいてもヒット商品が出てこない理由もそこにあるのだ。

「いつかはクラウン」「いつかは持ち家」といった成長期の神話が完全に崩壊していることを、実は生活者の多くは感じ取っている。