鴻海などは日本から学んだ技術を中国の会社に教えて日本よりもはるかに安いコストで製品化する、「技術のトランスファー」が常套手段だ。たとえば日本がリチウムイオン電池を開発した当初は日本の電池を製品に実装していたが、そのうちに中国の会社に日本製よりもずっと薄くて安いリチウムイオン電池を開発させる。

今やiPadの中に入っているリチウムイオン電池は中国製。研磨などの精密機械加工技術は日本の小林研業などの得意技だったが、それも今や鴻海を通じて中国で安くできるようになっているのだ。