2011年11月に上梓した『訣別』(朝日新聞出版)は平成維新以来、私が唱えてきた国家戦略、政策提言の集大成といえる1冊である。政界にもそれなりにインパクトがあったようで、当時、民主党の大臣からも「あの中の1つでも2つでも実現したい。協力してくれ」と声をかけられた。

『プレジデント』連載「日本のカラクリ」でも何度か取り上げたが、日本の堅牢な中央集権制を打ち破る突破口として、独自の行政構想を打ち出している変人知事や、変人市長を活用するアイデアも『訣別』に収録されている。変人首長に権限を与えて自由な発想で都市開発や産業政策をやらせよ、という「変人特区」構想である。これにも大阪市長選で大勝したばかりの橋下徹市長から「非常に参考になる。是非実現したい」というメッセージが届いた。