1つの国家体制に統制経済と市場経済という異なる経済制度が共存する「一国二制度」によって火を起こし、その成功モデルが燎原の火の如く全国に広がっていき中国経済は成長軌道に乗った。

硬直化した日本の中央集権制に風穴を開けるには日本版の一国二制度が必要だと私は考えている。中央集権のままでやっていく既存部分を残しながら、一部を開放してゼロベースのトライアルをさせる。小さな成功事例を積み重ねながら、これを全国に波及させて、最終的には道州制移行という統治機構の大改革につなげていく。