私が提案する道州制の税制は極めてシンプルだ。法人税も所得税も相続税も廃止し、「資産税」と「付加価値税」の2本立てにする。基礎自治体は住民や企業から資産税(所有する資産にかかる税)を、道州は企業と個人から付加価値税(「売り上げ-購入原価=付加価値」)を徴収し、それぞれの活動財源にするすみ分けが一番妥当だ。私の試算では1%程度の資産税で35兆円、8%の付加価値税で40兆円となるので必要な税収はすべてカバーできる。不平等かつ複雑な税体系は一切不要。不動産取得税や自動車税、重量税、ガソリン税、相続税などの不要な税金はすべて廃止すればいい。