クオリティ国家がなぜ強いのか。それを真摯に研究することが、ポスト中央集権の日本の繁栄につながると私は考えている。

たとえばデンマークの人口は約550万人。北海道の人口もほぼ同じである。しかし、デンマークには質の高い農業や小さなマーケット(ニッチ)で世界トップクラスの企業が10以上ある。補助金漬けになって久しい北海道には自立できる産業は見当たらない。道州制の下、それぞれの地域がどうやって食べていくのか考える際に、世界のクオリティ国家は大いにイメージづくりの参考になるはずだ。