かつて日本の輸出車の1台当たりの平均価格は、1万3000ドル程度だったが、イノベーションの連続で、いつの間にか高級車のセグメントが“主戦場”に変わり、平均価格が2万5000ドルになった。80~90年代の日本の商品には、価格に転嫁できるだけの技術力、競争力があったのだ。