ガースナーが経営するようになってからIBMは、従業員を50万人から25万人に削減した。つまり以前の半分の規模になったわけだ。GM(ゼネラル・モーターズ)とフォードも、従業員数で見れば、それぞれ以前の規模の3分の1と半分になっている。ヒーローとして称えられる旧世界企業の経営者とは、コストを削減する人たちなのだ。ウェルチやガースナーのように、新事業を広げ新しい会社をつくっている経営者でさえも、新事業から得られる利益で、古い事業の無駄なコストを補填するのがやっとという状況である。