11年4月の新車販売台数は対前年比47%ダウンという記録的な下落を記録した。もちろん震災の影響は大きい。しかし、生産力が回復しても、販売台数が劇的に回復することはないだろう。トヨタ自動車の若社長がいくら「若者に合った車をつくりたい」と力んでみても、そんな車ができるはずはない。若者が欲しがるとしたらただ1つ、使いたいときに目の前にパッと出てくる魔法のような車なのだから。