個別の事象について私の分析・提言を熱心に読んだり聞いたりするのもいいが、同時に、人間がもともと持っていて、いついかなるときも使える武器を駆使することだけは怠らないでほしいということだ。その武器とは――“頭脳”である。