個人金融資産と政府の債務を関連づけてはいけないが、こうした発想ができなければ、日本の財政赤字は積み上がるだけだろう。少子高齢化の進行する国で、この膨大な借金を返していくことはできない。世界の成長する国や産業に投資するノウハウを、国策として確立してゆかなければならない。それなのに、政府は消費税値上げによるプライマリーバランスの均衡を目標としている。

プライマリーバランスとは、単年度の歳入と歳出の均衡であって、借金そのものはいつまでたっても消えない。つまり、これはまるで「せこい」話である。