現在の日本の世論形成には、さらに悪い傾向がある。メジャーな意見が1つ浮上すると、もう、その意見というものは吟味されなくなるのだ。しかも、反対意見というものが非常に出づらい雰囲気が一緒に醸成されていく。(中略)

最悪なのは、そうした意見というより国民感情とでも言うべきものが世論とみなされ、それに政治家が迎合しようと行動することである。

こうなると、これは愚民政治であり、もはやデモクラシー(democracy:民主政治)と言うよりイデオクラシー(idiocracy:おバカ政治)あるいは衆愚政治(mobocracy)と言うしかない。まさに、「低IQ社会」が完成してしまうのである。