現在、日本の衰退の原因はさまざまな視点から考察されているが、その根本原因が、“考えない人間”が増えたことにあるとする議論は少ない。

なぜなら、「私たちがバカになってしまったから、すべてがうまくいかなくなった」というのは、とても受け入れられる話ではないからだ。

だが、もはやそんなことを言っていられないところまで、日本はきているのではないだろうか?