マッキンゼーにいたとき、私は何度も採用面接をやったが、そこで必ず聞いたのが、「君は高校時代にどんなことをしていたの?」ということだった。

なぜ高校時代のことを聞いたのかというと、大学時代は時間があまっているから、そのあまった時間に自分の興味のあること、何か有意義なことをするのは、あまりにも当然だからだ。

しかし、高校時代というのは、ほとんどの学生は受験勉強ばかりに意識が向かっている。一流大学進学のためにひたすら受験勉強だけをしてきた学生が大半だ。

そこで、あえて高校時代のことを聞いたのである。