ともかく、日本人は“考えない”。考えようとしなくなり、すべてを丸投げする傾向が強くなった。

資産運用はプロに丸投げ。子供の教育は学校に丸投げ。政治は政治家に丸投げ。食の安全は企業と官庁に丸投げ。ようするに「丸投げをする」という意思決定だけをする。これが、現在の日本人の共通したメンタリティではないだろうか?

日本人が、こと経済に関してまったくの音痴になってしまったのは、この「丸投げメンタリティ」が、バブル崩壊以後、もう20年近く続いてきたからだ。