たとえば、日経新聞を読んでいたら、バブルが崩壊したこともわからなかったという笑い話がある。(中略)

日経平均が1万8000円を割り込んだときは、私は「8000円になる可能性がある」と書いた。しかし、日経新聞はというと「2万3000円になる!」と書いていた。それだけではなく、ジョージ・ソロス氏を招聘して講演させ、“2万3000円説”を囃し立てていた。

しかし、2003年4月28日、日経平均は歴史的な底値7603円を記録したのである。これに対して、日経には説明記事さえなかったのだから驚くしかない。