現在でも私は、世界のさまざまなところから講演に呼ばれる。これは、マッキンゼーにいたときもその後も、変わりなく続いている私の日常的な活動である。

しかし、この経営コンサルティングや講演の世界で、私のあとに続く日本人が出ていない。傲慢に聞こえるかもしれないが、国際的に講演に呼ばれる人材が日本から出てくれないのはさびしいかぎりだ。盛田さんがいた時代ならともかく、いつまでも私が先頭を走っているのでは、日本のプレゼンスはどんどん失われていく。

私の海外での講演料は5万ドル(プラス渡航費、滞在費)である。なぜあえて金額を記すかというと、これが市場価値だからだ。そして、この金額とは言わないが、たとえワンレクチャー5000ドルでもいいから、1人ぐらい、私のあとに続くカネを稼げる人が出てきてほしいと思っているからだ。