ハンティントン教授が見落としているのは、文明的差異が摩擦にならないこのような事実だけではない。それよりも重要なことに、歴史的背景を見落としている。今日の私たちに大きな影響を与えている二極体制の崩壊、大国主義の終焉は、1790年代や1890年代ではなく、1990年代に起こったのである。つまり、どんなに遠く離れていても、どんなに文明が違っていても、世界の誰もが同じ情報を共有できる時代に起こったのである。