戦後、日本は一貫して総中流社会を築くことに集中してきた。かつてアメリカでクライスラー社長のアイアコッカ氏と新入社員の収入格差が1000倍あった時代に、日本では社長と新入社員の収入差は8倍しかなかった。そうした格差のない社会、均質な社会が日本の良さであり、日本の経済成長を支える原動力だと言われてきたのである。