オーストラリアで一番伸びているのはクイーンズランド州、特にケアンズである。他の空港と異なりケアンズ空港は中央政府の管轄下にないので、日本からどんどん直行便を増やし、いつのまにか年間100万人もの観光客が訪れるようになってしまったからだ。日本では今15もの空港が国際空港になったが、週2便シンガポールに行くだけとか、週4便ソウル、という具合に厳しく制限されており費用対効果の点からも、地域経済の点からも、何の足しにもなっていない。