人事院の行った調査によれば、現職の国家公務員が「公務員になりたい」と思った理由のトップは、「倒産がなく、安定している」(63.5%)だった。現実に公務員をクビにする法律がないから、いったん公務員になってしまえば、よほどの法律違反を起こさないかぎり身分は保障される。まさに日本最大の利権集団である。

ところが、日本の国民は怒る以上に「あわよくば自分の子供も公務員にして、いい思いをさせたい」と考えているようで、子供に将来就かせたい職種を聞いたアンケートで、男の子の親ではトップ、女の子の親でも2位になっている。