アメリカでは、経済の規制緩和に積極的に取り組んできており、連邦の傘の下で州レベルの自治を維持してきた長い歴史があるため、中央政府がこのような触媒の役割を果たす土壌ができている。たとえば、全米50の州のうち47州が日本に代表部を設けて自ら日本企業の対米進出を招致している(日本からこの目的でアメリカやヨーロッパに事務所を置いている自治体はない)。それでも、打撃を受けた地域や産業への支援を求める政治的圧力を受けたワシントンから、各州からとは違った声が届くことが多い。