2013年8月12日(月)

子どもを叱るときにしてはいけない6つの約束

子育てによく効く叱り方【1】

PRESIDENT 2013年3月18日号

著者
諸富 祥彦 もろとみ・よしひこ
明治大学文学部教授

諸富 祥彦1963年、福岡県生まれ。筑波大学大学院博士課程修了。教育学博士。20年以上教育カウンセラーを務める。『女の子の育て方』『男の子の育て方』(いずれもWAVE出版)ほか著書多数。

執筆記事一覧

明治大学文学部教授 諸富祥彦 構成=遠藤 成
previous page
2
nextpage

[3]理由を言わずに叱らない

「なにやってるの!」「あんたバカじゃないの!」「なんで怒られているかくらい自分で考えなさい!」と怒鳴っているお父さんやお母さんをときどき見かけるがこれもよくない叱り方。

「なぜ叱られているのかをきちんと説明しないと、子どもにはわかりません。わからないから子どもなのです。そして、してはいけない(しなければいけない)理由を粘り強く教えるのが躾であり教育なのです」

「なんで叱られているのか、理由は自分で考えなさい」は、親の手抜きでしかない。具体的になにがどうしていけなかったのか、どうすればよいのかを、子どもにわかるような言葉で説明することが大事なのだ。それはとても根気のいることだけれど、子育てはそこが肝心なのだ。

[4]大勢の前で叱らない

みんなが見ている前で子どもを叱るのもよくない。子どもにも自尊心はある。みんなの前で叱られて晒し者になったという経験はひどく自尊心を傷つけてしまう。できるだけ2人きりになる場をもうけて叱ることを諸富先生は勧める。

「お兄ちゃんを弟の前で叱ると、そこで兄弟関係に微妙な変化が生じます。子どもはその辺にとても敏感です。奥さんの前くらいならば、まあ、いいのでしょうが、できれば2人きりになって、子どもの言い分もしっかり聞いて、じっくりと言って聞かせましょう」

親から愛されていないのではと不安にさせるのが一番いけない。失敗したときどうすればよいのかを自分で考えさせるトレーニングを積ませるのだ。

PickUp