日本の電力会社は“地域独占”で、北海道なら北海道電力、東北なら東北電力と、「9電力」に分かれているが(原子炉を持っていない沖縄電力は除く)。これは戦時中に電力事業が国家管理となり、「日本発送電」という国策会社が発電と送電を管理して、配電を9社が担ったことに由来している。戦後、日本発送電は分割・民営化されて、発電、送電、配電まで一貫地域独占の9電体制がスタートした。