「多数決」が民主主義の指導理念、ということで考えている人もあるだろう。しかし、会社においても、国政においても私は「多数」の方が正しい意思決定をした、という例をあまり多くは知らない。少なくとも確率的には半分にもみたない、「多数決による決定は良い決定」という未立証の仮説を「指導理念」と仰ぐわけにはいかない。